Site menu:

Site search

Categories

August 2017
M T W T F S S
« Dec    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blogroll

Archive for 'In the news'

Problems in Overseas Construction Loom Large for Japanese Construction Cartels Part-1

The repercussions from the financial crises are still being felt in Japan. The next industry to be battered in Japan could be the “zenekon” that is the construction cartels which are engaged in overseas projects. Poor risk management, a lack of knowledge of overseas markets and bad decision making will make the affects of the [...]

New camera equipped underwater robot is developed in Japan - Part 2

Part one can be found in the previous post.
Here is a Youtube video of the Delta 100R.
English Translation
In December 2001 in the ocean off the coast of south-western Kyushu, a Japan Coast Guard patrol boat and a North Korean spy boat exchanged fire. The result of the incident was that the spy boat was blown [...]

New camera equipped underwater robot is developed in Japan - Part 1

A small company in Yokohama has developed some remarkable underwater camera technology and is making big waves in Japan.
Q. I.’s cameras are being used now at depths of 6500 meters. The company plans to build a camera that can withstand the pressures of the deepest ocean.
The Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology’s manned [...]

More tough times ahead for Japanese workers - Part 2

Part one can be found in the previous post.
Real Japanese
そして、「崩壊」したのはボーナスだけではない。月々の給料も同じだ。もともと連合は8年ぶりとなる統一的なベースアップ(ベア)要求を掲げていた。日本経済の回復に向て、「個人消費の拡大を促す賃金改善に、経営の社会的責任として応えるべきだ」(金属労協の000議長)という主張だったが、結局は経営側に打ち砕かれてしまったのだ。{春闘の回答ではほとんどの企業ベアは0円だった。}ベアは従業員全体の賃金水準を一律に引き上げることだ。主要産業では4年ぶりのゼロ回答となった。電機では、ベアを要求したのにゼロ回答しか得られなかったのは、業界各社の労組で組織する電機連合が結成された1953年以来初めてだという。記録的な「惨敗」なのだ。ベアを勝ち取れたのは、高島屋、日本たばこ企業、住友電機工業、JR西日本にとどまった。
しかし、厳しいのはベアばかりではない。従業員の年齢や勤続年数に応じて賃金を上乗せする定期昇給ですら危ない会社もある。ソニ-1年間、日立製作所は半年間、定昇を凍結すると回答した。東芝とシャ-プはこれから協議する。定昇が凍結されれば、その間は本来支給されるべき分がもらえないことになる。実質的な賃下げに等しい。「非常にみみっちいやり方です。経営悪化の空気を必要以上に醸成する手段だとしか考えられません」(昭和女子大学の000教授)。
まだ春闘は続くが、「ある程度の業績を上げた会社もあるが。自動車や電機の回答を使って、賃金の抑え込みにかかっている印象は否めない (連合の000会長)。
いずれにしても、今回の春闘によって、「1人当たりの賃金は来年度、前年度比マイナス3%を超え、史上最悪となるでしょう」(第一生命経済研究所の000主席イコノミスト)。
これが現実になると、{給与は史上最悪の落ち込み}になる。000氏の試算によれば、来年度は賃金が3%減ることで、個人消費1.1%減、企業の経常利益2.1%減、日経平均株価1516円安といった「負の連鎖」に深くはなりこんでしまう。
「経営側はこれだけ賃金を抑え込んだのだから、日本経済の立て直しをどうするつもりなのか、強く問いかけたい」(000会長)。
賃金を「崩壊」させたことで、経営者は不景気をさらに深刻にし、自らを業績悪化の危険にさらすことになった。自分の首を絞めたのかもしれない。
English Translation
It’s not only the bonus system that has come to an end. Monthly salaries are also threatened. For the first time in eight years the Japanese Trade Union Confederation asked for an across the board raise in basic pay. In order to put the Japanese [...]

Back to Top ↑